前へ
次へ

SNSで写真をアップするときに注意したい肖像権

芸能人などは、自分自身を商品として仕事をしている人と言えるでしょう。
自分自身の評判が上っていろいろなところで使ってもらえればどんどん稼げる可能性があります。
となればどんどん宣伝してもらえればありがたいと感じそうですが必ずしもそうではありません。
自分のイメージとは異なる宣伝だと逆効果になるためです。
これまではテレビや雑誌などでないと自分の顔が世間に知れ渡るなどはありませんでした。
でも今はインターネットを使うと比較的簡単に広められます。
SNSではいろいろなつながりから世界中に情報が伝えられるようになっているので、知らない人からSNSで見たと声をかけられるかもしれません。
SNSにおいて注意したいのが肖像権です。
食事をしたときなどそのお店の様子をアップすることがあるかもしれません。
許可を得るのはもちろんですが、その時に他のお客さんなどが写り込むと問題になります。
また知人同士でも知らないうちに相手の写真をアップするのは法律違反になる可能性があります。

Page Top